教育訓練給付金制度とは、仕事に必要な資格や技術を習得するために、学校に通ったり通信講座を受ける費用を国が補助してくれる制度のことです。

厚生労働省が指定した講座を受講した際に、一定の条件をクリアした上で、修了後1ヶ月以内に手続きをすれば払った受講料の一部が最大20%(上限10万円)戻ってきます。


  1. 教育訓練給付金制度 講座一覧
  2. 給付金対象者
  3. 教育訓練給付金制度 申請手続き


1.教育訓練給付金制度 講座一覧


001 大型免許(中型8t限定免許所持)


002 大特+けん引免許(普通免許以上所持)


003 大型+大特+けん引免許(中型8t限定免許所持)

004 大型免許(普通免許所持)


005 中型免許(普通免許所持)


006 大型免許(中型免許所持)


007 大型+大特免許(中型8t限定免許所持)


008 大型+けん引免許(中型8t限定免許所持)


009 大型+大特+フォークリフト免許(中型8t限定免許所持)


010 大特+フォークリフト免許(中型8t限定免許所持)

011 大型+大特+フォークリフト免許(普通免許所持)

012 中型免許(中型8t限定免許所持)



2.給付金対象者


雇用保険に3年以上加入されている方であれば、在職中はもちろん離職後でも1年以内であれば給付金制度をご利用になれます。

さらに、今までに給付金制度を利用したことのない方に限り、雇用保険の加入期間が満1年以上であれば、給付金をご利用になれます。

まずは雇用保険の加入期間をご確認ください。





3.申請手続き (※は加入期間等に不安のある方)


【ハローワークへ持参するもの】 ※
本人の確認できる書類(「運転免許証の写し」「国民健康保険被保険者証」「雇用保険受給資格者証」「住民票の写し」など)、印鑑、雇用保険被保険者証。「教育訓練給付金支給要件照会票」に必要事項を記入し、提出して頂きます。



【回答書交付】 ※
ハローワークより「教育訓練給付金支給要件照会票」に記入していただいた内容に基づき、回答書が交付され、条件を満たしているかどうかがわかります。



【受講料の全額支払】
支給要件に該当していた方は教育訓練施設(当校)にお申込みの上(※車種に限りがございますので、お早めのご予約をお願いいたします)、受講料の全額を教育訓練施設(当校)へお支払いください(運転免許ローンも可能)。



【入校時に持参していただくもの】
ハローワークからの「回答書」・印鑑・免許証(免許ない方は住民票)



【証明書・領収書の発行】
教育訓練終了後、当校より「教育訓練修了証明書」「領収証」が発行されます。



【給付金の申請】
ハローワークへ必要書類(「教育訓練給付金支給申請書」「教育訓練修了証明書」「領収書」「本人・住所確認書類」「雇用保険被保険者証」)をハローワークに提出し、申請してください。


※申請の時期
教育訓練の受講修了日の翌日から起算して1ヶ月以内に支給申請手続きを行ってください。
これを過ぎると申請が受け付けられません。



詳細はコチラでご確認下さい
          

 ホーム
 資料請求・お問合せ
 入校案内
 車種等について
 入校手続き
 施設紹介
 コース・設備
 教習車
 教習案内
 免許取得の流れ
 教習時限数
 講習案内
 安全教室等
 原付・高齢者等
 その他
 Q&A
 カレンダー
 ライセンス倶楽部
 イベント
 おすすめリンク
 個人情報保護方針
 サイトマップ
Hachinohe License School
携帯Web Site
QRコード
資料請求【無料】




http://hachinohels.com